2.1 AWS IoT Coreの初期設定

AWS IoT エンドポイントの有効化とGreengrassのRoleを設定

この作業は、対象のリージョンで初めてAWS IoT CoreやGreengrassを使う時にのみ行います。既に設定されている場合は、次の手順へ進んでください。

Cloud9のタブしかない場合は、左上にあるAWS Cloud9 > Go To Your Dashboardを選択して、新しいタブを開きます。そして、サービスからAWS IoT Coreのコンソールを開きます。

Greengrass

コンソールのAWSアイコンを右クリックして、新しいタブを開き、トップメニューよりCoreと入力してIoT Coreを選択します。

Greengrass

開始方法を選択します

Greengrass

左のメニューから、設定 を選択し、カスタムエンドポイントの ステータスの確認 を選択します。右上の無効が有効に変わります。

Greengrass

一番下までスクロールして、Greengrassサービスロールの所で、ロールをアタッチを選択します。

Greengrass

自分用のポリシーを作成を選択します

Greengrass

権限の付与を選択します

Greengrass

以上で、AWS IoT Coreのエンドポイントの有効化とGreengrassのRoleを設定しました。

ここで作成したRoleは、Greengrass サービスがユーザーに代わって、Lambda関数を取得したり、Shadowを管理することを許可しています。詳しくはこちらを参照してください。

この手順での作業は以上となります。