4.3 サブスクリプションの設定

Sensorデバイス -> Lambdaのサブスクリプションを設定

サブスクリプションの追加を選択し、サブスクリプションを追加します。

Device

今回は、ソースの選択では、デバイス > Sensorと選択します。ターゲットの選択では、Lambda > DataCheckerと選択します。最後に次へを選択します。

Device

トピックのフィルターには、data/#と入力し、次へを選択し、確認の画面で完了を選択します。

Device

Lambda -> Alertデバイスのサブスクリプションを設定

もう一度サブスクリプションの追加を選択し、サブスクリプションを追加します。

今回は、ソースの選択では、Lambda > DataCheckerと選択します。ターゲットの選択では、デバイス > Alertと選択します。最後に次へを選択します。

Device

トピックのフィルターには、alert/#と入力し、次へを選択し、確認の画面で完了を選択します。

Device

この手順での作業は以上となります。